「バーレッスン」タグアーカイブ

骨盤ではなく胸骨を支点に、点と点を結ぶイメージで

しつこく続く試行錯誤の日々。 最近試してみて、バランスがとりやすくちょうどよい力が入り、かつ自分の体の硬いところ(=弱いところ)がどこか踊りながら気づける意識を発見しました! まずは、長年の疑問であった骨盤の扱いについて … 続きを読む 骨盤ではなく胸骨を支点に、点と点を結ぶイメージで

一進一退。性懲りもなく。

みぞおちのこととか、背中のスクエアとか、肩の外旋とか、試してうまくいった!と思ったこと、たいてい次のレッスンで同じ意識でやってもなんかうまくいかない・・ってなります。 それはたぶん、うまくいったときというのは、試した意識 … 続きを読む 一進一退。性懲りもなく。

肩開いて!って言われるけれど

よく言われる注意だけどよくわからないシリーズ!第何弾かしら。 最近試した「肩の外旋」について書いておこうと思います。 バレエのレッスンでよく言われる、「肩を開いて」「胸を開いて」「肩甲骨離して下げて」も、そうしようとして … 続きを読む 肩開いて!って言われるけれど

既知の注意でうまくいかないのなら

『スクエア!と言われるけれど』『肋骨とかみぞおちとか』両記事のようなマニアックなこと、見る人によってはおそらく、「そんなに考えんでも先生の言うとおりにやっとけばいいのに・・・」な内容であることでしょう^^; なんでそんな … 続きを読む 既知の注意でうまくいかないのなら

スクエア!と言われるけれど

バレエのレッスンを受けていると、上半身はスクエアなまま!四角い身体のまま!という注意をよく受けますが、これまた、私にとっては動きが小さく固くなる原因の1つでした。(首と肩の力抜いて!が逆効果だったりするし、私って相当変わ … 続きを読む スクエア!と言われるけれど

肋骨とかみぞおちとか

バレエのレッスンを受けていると、「肋骨閉じて」「みぞおち入れて」という注意をよく聞きます。(もちろん全く言わない先生もおられます。) 20代前半の頃は「肋骨を閉じておこう」という意識が安定感につながる感覚があったのですが … 続きを読む 肋骨とかみぞおちとか

イメージして筋肉を動かすこと

働かせたい筋肉を働かせられるようになれば、憧れの動きができるようになるはず、だけどそれがシンプルなようで一番難しいポイントだと思う、ということを以前の記事に書きました。武井壮さんのようにイメージどおりに動けたらどんなに気 … 続きを読む イメージして筋肉を動かすこと